Blog

あなたが行ってみたい(ピアノ)コンサートってどんなもの!?

あなたが行ってみたい(ピアノ)コンサートってどんなもの!?

札幌市南区真駒内柏丘の音楽教室、音楽工房G・M・Pの大楽勝美です。

クラシック音楽は、音楽に詳しくない人でもホテルやレストランのBGM、テレビドラマや映画などの挿入音楽として日常的に耳にしているはずです。しかし、なんとなく聴いたことはあっても、じっくりと聴いたことがないという人も少なくないでしょう。クラシック音楽は知らずにいてはもったいないくらい、魅力にあふれています。クラシック音楽ファンならずとも、行ってみたくなる、気軽に楽しめそうなコンサートについて考えてみます。

BGMを再認識できるコンサートに行ってみたい!

クラシック音楽には、格調高く難解なイメージがあるかもしれません。確かに、曲によっては必ずしも心地良いとは言えないものもありますし、演奏時間が長時間に及ぶものもあります。よく分からない曲を延々と演奏されると退屈してしまうのも無理はありません。しかし、BGMとして使われることが多い曲や、映画などの挿入曲として使われた曲であれば親しみを感じられるのではないでしょうか。それらの曲は、誰にとっても聴いていて楽しく、心安らげる音楽のはずです。馴染みのある曲であっても、コンサートであらためて生演奏を聴くと、新鮮な驚きを感じるでしょう。ピアニストの魂を込めた演奏は、聞く人の心を強く揺さぶります。それまでは単なる心地よいBGMだったはずのクラシック曲に、生き生きとした豊かな表情を感じることができるでしょう。

音楽で世界旅行が楽しめるコンサートに行ってみたい!

名曲を生んだ作曲家がどのような国で、どのような景色を見て育ったのかは興味深いものです。例えば数々の名曲を生んだピアノの詩人、ショパンが見たはずの風景を映像などで映します。映像を背景にショパンのピアノ曲を聴くことができたら、曲への理解も深まりそうです。モーツァルトが演奏したであろう華やかな宮廷のサロンを背景にその曲が聴けたら、束の間とはいえ貴族の気分が味わえるかもしれません。作曲家や曲にちなんだ映像とともに演奏が聴けるコンサートであれば、ちょっとした世界旅行気分も楽しめます。クラシック初心者にとっては、より深く音楽に親しむことのできる機会にもつながるでしょう。

小説の世界を楽しめるコンサートに行ってみたい!

ピアノ演奏をテーマにした小説があります。ベストセラーとなりテレビドラマ化や映画化にまで至った作品も少なくないです。小説をきっかけにして、音楽に興味を持つ人もいるでしょう。ドラマチックなストーリー展開に、音楽が効果的に使われているとなれば、実際に聴いてみたくなるものです。小説の世界で主人公たちが人生を賭けて演奏するシーンは圧巻です。そのシーンを再現するかのようなコンサートがあるとすれば、その小説のファンなら絶対に見逃すことはできません。小説のあらすじをあらかじめプログラムなどに記載したり、会場でナレーションを入れたりすることで、小説を読んでいない人でも楽しむことができるでしょう。音楽と文学のコラボレーションによって双方の魅力を引き出すことができるうえ、一味違うピアノコンサートを楽しむことができます。小説ファン、音楽ファンともにおすすめのコンサートになるはずです。

ポップスの原曲を知るコンサートに行ってみたい!

クラシックの名曲が、アレンジを変えてポピュラーソングとしてヒットした例は枚挙にいとまがありません。例えばベートーベンの「エリーゼのために」や「月光」は日本やアメリカでヒットしたポピュラーソングの原曲です。ショパンやパッヘルベルにも、誰もが知っている大ヒット曲の原曲があります。ポピュラーソングとして知っていた曲が、実はクラシックが原曲だったことを知ることで、クラシック音楽に興味が湧く人もいるでしょう。それぞれの曲を聴き比べてみるのも、とても興味深いはずです。メロディーが美しいクラシック曲も、テンポやアレンジを変えると表情が一変します。一口にクラシック音楽といっても時代によって作り方の違いや流行り廃りもあったのです。クラシック音楽を、現代のヒットソングとの関係から紐解いていく試みは、クラシック初心者のみならず音楽ファンにとっても新たな発見がありそうです。

演劇で楽しむコンサートに行ってみたい!

ドラマや映画で音楽が使われる場合、音楽はドラマを盛り上げるための効果であり、引き立て役です。音楽が主役でドラマが引き立て役になるコンサートがあれば、クラシック音楽の新たな魅力を引き出すことになるでしょう。そもそも、クラシック音楽には愛を賛美した曲や求愛のために作られた曲、失恋や絶望を表した曲など、ドラマチックなものが多数あります。曲が生まれたシチュエーションやエピソードなどを簡単なドラマ仕立てにして曲をつないでいくと、曲への理解が深まると同時に音楽の持つドラマ性が際立つはずです。ピアノ演奏をメインにして、傍らで役者がドラマを演じれば、ミュージカルや演劇とは一味違った贅沢なエンターテインメントになります。クラシック音楽初心者にとって、音楽に感情移入しやすくもなります。

ピアノコンサートへ行ってみよう!

人によってはクラシック音楽のコンサートは退屈そう、というイメージがあるかもしれません。しかし、コンサートでは非日常感を味わえるだけでなく、演奏家のダイナミックな演奏と会場でしか味わうことのできない生きた音楽を楽しむことができます。最近はクラシック音楽のコンサートもさまざまな趣向を凝らしたものが少なくありません。一度、コンサート会場へ足を運んでみませんか。
to top