Blog

キツツキ🐦

キツツキ🐦

裕美子の「いとをかしシリーズ」~Vol.6~

札幌市南区真駒内のピアノ、声楽、英語教室の「音楽工房G・M・P」の大楽裕美子です。

新型コロナウィルス騒動で、しばらくぶりの「いとをかしシリーズ」寄稿です。

今回は、連チャンでVol.5と6と一気に書き上げましたので、お読みくださればうれしいです。

では、始まりです!

自然と共に。🌱

エドウィンダンの銅像の回りをぐるっと廻って公園を一周するのが大好きなうちのワンちゃん🐩U^ェ^U。

昔 白樺林だったというだけに、どこもかしこも白樺に囲まれた真駒内の公園では、野鳥🐦やリス🐿️やキタキツネ🦊に 日常的に出会う。
そんな 自然との一体感が嬉しくて、白樺花粉アレルギーの目をシパシパさせて くしゃみを連発しながら 晴れ間を縫って
U^ェ^Uのコメちゃんとお散歩に出た。

「コンコンコンコッコンッ🎶」
あれっ 工事⁉️ 緊急事態宣言延長が出て 橋を直す工事も中々進まない中、何の工事だろう?
と
音をする方を見上げた。
すると、ウッドペッカ-🐦‼️
キツツキが お仕事中だった。
初めて見た‼️
本当に 🎶 コ コ コ コ コ🎶と言うリズムで樹をつつくんだぁ。
そう言えば 小学生の生徒がピアノの教材で キツツキ って曲をやっていたっけ‼️
絵を描いてあげたけど メタボの鳥になってしまったから、写真がうまく撮れたら見せてあげよう✌️、と 即座にスマホを向けた。大丈夫。キツツキはドングリを貯蔵する穴を一生懸命制作中で一向にこちらには気が付かない。やったぁ😃✌️🎵。
3コマで キツツキの動きが分かるかなぁ。

長らく街には出かけることも
出来ないし、会いたい人にも会えない、 という不自由な期間ではあるけれど、季節は巡り時間がゆっくりと流れているのを感じる、自然と共に。

想いは・・

この冬、都会の高齢者施設に1人で入所した父に会いに行く筈だった矢先に緊急事態宣言が出て 上京がままならなくなった。
空の青さや満開の桜やキツツキの様子を見せてあげたい。

大丈夫。もうすぐ行くよー。
🤗
北海道の沢山の、自然と共に過ごす時間を引き連れて
to top